Digital Piano Roland HP2800

おそらく20年は前の電子ピアノの鍵盤が4か所落ちてしまってます。
楽器はテリトリー外なのですが、機械的な故障なら直せるかも、、、

Roland1

底板のネジを外して鍵盤の奥のボディをガバっと後ろに倒し、手前の化粧版を緩めます。

Roland2
鍵盤を叩くと下のハンマーが動くのですが、、、

Roland3
落ちている4か所のアームは折れてたりグラグラしてたり。
上に少し写っているのは正常なアーム。しかしこれもヒビだらけ。

Roland4
インサート成型の中の錘(亜鉛?)が膨張してるのか樹脂(PE?)が収縮しているのか、割れちゃっています。
PPXのプライマーを塗ってから、瞬間接着剤を流し込みました。鍵盤落ちしていないヤツもヒビに瞬接を流し込み。色が暗くなっているのが修復済。

Roland5
あまり使わない高音や低音と交換しておこうかと思いましたが、すべてのアームがヒビだらけになっているようなので、元に戻してとりあえず終了。疲労でなく経年劣化ですね。
おそらく今後も鍵盤落ちは続くでしょう。まぁそのたびに直していけば良いのですが、88個全部直したら落ち着くんでしょうね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA