Bronco Foot Control: Drilling ペダル類軽量化

ブロンコのステップはセローより前方にあります。TT225と同じでしょうか。このまま組み上げて乗ってから考えても良かったのですがせっかくなのでここもセロー化を進めてみましょう。

まるまるセローの中古部品を購入。たまたまワイド加工がされているのが見つかりました。左はブロンコ、右はセロー。

ゴムカバーが付いてるほうがブロンコ。セローのシフトはリンク式になっていて重いです。ドラムブレーキのペダルの軸位置は一緒なので長さが違う、、、あれ?

う、、、このブレーキペダルはディスクブレーキ用だ、、気を取り直してドラムブレーキ用のペダルとロッドの中古部品を入手。そのままだと芸が無いので少しだけ軽量化。コツコツと穴を開けます。

左右ステップで3g。ブレーキペダルは24g軽くなりました。

ウィングナットの耳に穴、とカラーの端面に凹み、で2g。

ついでにチェーン引きのスネイルカムも穴開けて12g軽量化。アルミのカスタム部品も売っていますが座屈の不安があるので、耐久性重視でスチールでいってみましょう。

穴あけ1回で0.5~2グラム程度ですが、開け始めると止まらなくなる、、、集合体恐怖症にならないようほどほどで止めなきゃ、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top