Aladdin Blue Flame Heater J39

芯は買ってあるのでアラジンの灯油ストーブの芯を交換して欲しいと。とりあえず適当に道具を持って見に行ってみました。何台もアラジンブルーフレームを買い替えてきている方で、炎の調子が悪いのでまた新しいのを買って使っているが、調子が悪いほうも使えるようにしておきたいとの事。

空焚きで芯が短くなったのかな?と予想していきましたが、芯の繰り出しだけで大丈夫じゃないかな、、、とりあえずは掃除ですね。

このストーブは下から空気を吸うので受け皿の埃をとります。真鍮の外筒類にこびりついた汚れも掃除して軽く磨いておきます。

5から7へ二段階繰り出し。固くてなかなか動きません。所有者は今までやったこと無いと言ってましたが5になっていたので誰かがやってあげてたのかな?

で青い炎が戻りました。オーバーホールしてあげたいところですがとりあえずは機能が戻ったので良しとしましょう。

こちらはもう一台の新しいBF39。雲母の丸窓から円筒のガラス窓に変ってますね。お礼に和菓子を土産に頂いて帰りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top