Scott Maintenance

AE氏にBikeを借りてライドに行くのですが、その前に本人に了解を得てメンテを。

ノーメンテナス状態

ブレーキワイヤーの端はキャップが外れ危険。

ディレイラーケーブルもほつれ・・・

 

プロショップでブレーキをVブレーキに替えたそうですが、シューのセッティングがされてません。

アメリカのショップのひどさは車も自転車も一緒。

ヘッドパーツは蓋が外れて水が入ってしまいます。

たまたま不要なヘッドセットを持っていたので交換してしまいましょう。

 

チェーンステイ下についているチェーンサックガードはグンニャリ曲がっています。

これはハンマーで叩いて修正します。

フレーム全体をコンパウンドで磨いて終了。チェーンは錆びだらけで後日交換しなければなりません。

アルミハードテイルらしいカチコチの乗り心地ですが、舗装ではスイスイ登ってくれます。

グリップしないセンターリッジのタイヤを替えれば、まだまだ現役でいられるでしょう。

ライドはEl Prietoから西のBrown Mountain側に降りるコース。

・・・のはずでしたが、トレイルが崩れていて道も迷い、低い乗車率でヘトヘトでした。

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA