Repair of Stroller

以前修理した時の写真が出てきたので紹介します。
知人が「Maclarenのストローラーが壊れたので困っている」と言っていたので診てみました。
アルミパイプのフレームピボット部がポッキリ折れてます。これをメーカーに出したらどういう対応するんでしょうかねぇ。
内径を測ると12mmちょっとなので1/2インチのスチールパイプを内側に差して繋ぐことにしました。
Stroller.jpg
折れたパイプの後方に転がっているのが中に仕込むパイプです。
ピボットの所を繋ぐので、鉄パイプのセンターに同径の穴を開けます。
差そうとしましたが微妙にキツい。
そこで鉄パイプに金ノコで縦にスリット(割)を入れます。セクションがCの字になる感じです。長さももう少し短く。
うまく両方のパイプを均等に差していって、鉄パイプのピボット穴が元の穴の所に来るように調整します。

外から見るとアルミパイプは割れているのですが内側にスチールパイプが入っているので、強度は問題無いはずです。むしろ反対側の同じ箇所が折れるかもしれません。デメリットは重くなったぐらいでしょうか。
お礼に韓国鍋をごちそうになりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA