Greenland Paddle 5

前回でカンナ仕事は終了しサンディングに入りました。

ショルダーのあたりは手持ちの鉋やナイフでは限界があります。

 

paddle2-1.jpg
220番までペーパーをかけた状態。先端のチップをどうしようか悩んでいたので、
そのあたりは木工ヤスリで削りかけたまま。(悩んでたので作業も進まず)
もう一晩悩んで先端全部をコーティングする方法に決定。
実は手持ちの古いレジンを使ってしまおうとも思ってたんですが固まっていました。
エポキシパテもそこそこ硬いのでそれでキャップ状に固めます。
paddle2-5.jpg
チップ近くに節があって(反対にも小さな節)これを隠したいため
先端から1.5インチぐらいをキャップします。
paddle2-4.jpg
1.5mmぐらい段差をつけてテーパー状の芯材とします。
あまり削りすぎても木が折れそうだし、パテが多くなって重くなる。
かといってパテが薄すぎると剥がれてしまいそう。
表面はザラザラしていた方が食い付く気がするので、木工ヤスリで荒らしました。
paddle2-3.jpg
傷や凹みを揮発系のウッドパテで埋めます。
paddle2-2.jpg
鉋で逆目になってササくれた所も。
この後に一旦水で濡らします。
乾かすので続きは明日。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA