Golf Radiator Fan

ヒーターコアの交換は長い道のりでした。もう二度とやることは無いでしょう。
冷却水の漏れも無く快調・・・かと思いきやファンが廻ってません!
通常、水温が上がると回りだすはずです。
とりあえずエアコンをつけると回ります。ということはモーターは生きてて水温センサーがダメということでしょう。もう一つGolfにはLLCリザーバータンクの下あたりにコントロールユニットがあって、エンジン切っても一定時間回ってるような仕組みになってます。
センサーは安いのでまずはこれを交換しました。ラジエータータンクに刺さっているのを交換しましたが、ファンは回らず。
まさかウォーターポンプがいかれて水が回ってないとか・・・パーツはあるのでここも交換してみます。
WP01-01.jpg
ポンプからの異音は無いし、ベルト類も新しそうですが念のためパーツを揃えてあります。
まだ替えてないホースもあるので、それも同時に。
WP02-01.jpg
ポンプは少しベアリングが渋い感じですが全然問題無し。羽が折れる話しを聞きますが、鉄製のカッチリとしたものが付いていました。交換したHEPUは板金の安っぽい羽です。
サーモスタットも替えましたが異常なし。
ポンプは原因では無さそうです。

例のレジスターは$100以上するので買ってません。とりあえず内部をキレイにしてみることに。
というのもLLCを入れたあとにエア抜きしようとしてもなかなか出来なかったのが気になってました・・・何かがおかしいと。
水入れて、エンジン回して、水抜いて、と繰り返しました。
なんと今度はファンが回ります。
想像ですが、ラジエーター内部に錆びやゴミが溜まり水の流れが悪くなりセンサーの周りに温水がこなかったのではないかと。
ヒーターコアやパイプからの漏れも水圧が高くなって、なのかもしれません。
ようやく一件落着です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA