GIRELA Saturno 350 Bialbero

1988生まれのガラクタ
GIRELA Saturno 350 Bialbero
見た目どおり乗り味も昔風でアンダーステアだけど非常に素直。
メンテは国産並に簡単だが、パーツの入手がめんどうで、入手不可のパーツもありました。
通勤からツーリングまで広範囲に乗りました。

サイドビューは非常に軽快感ありますね。

フューエルタンクが長く股の間の角が尖っています。この形状はどうにも馴染めず。

サイドスタンドのステイがすぐに曲がってしまう。体重をかけたらアウト。優しく扱わないといけないらしい。

リアショックはホワイトパワー。

フロントフォークはマルゾッキからチェリアーニGPに変更。これはしっとりしていて良かった。

鋳鉄ローターがサビサビですね。

ワイドなマービックのホイール。シフトダウンで失敗するとタイヤがポンポン跳ねてました。

加州への引っ越しで泣く泣く手放したのが残念ですが、パーツの入手難など維持するのに苦労しそうだったので、丁度良いタイミングだったのかな?

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA