Bronco 5BT Aluminum Fender

たまたまアルミフェンダーが手に入ったので、それを使います。

もともとはABS樹脂にメッキされたフェンダーで裏にはスチール板金の補強が入っている手の込んだ作り。軽くしたいのでPP樹脂に変えようかと思っていましたが、たまたま純正に似た形のアルミフェンダーが売りに出ているのを発見。当時の事を知るKU氏に聞くと純正オプションとして売られたものでは?との事。落としてみると純正オプションらしくそのまま付けられるように真面目に作られています。

とは言っても表面は横方向の目が残っているので、サンドペーパーにゴム板を当てて平滑になるまで研ぎだします。

一旦、赤棒でバフまでかけてからナイロンたわしでヘアラインを入れます。白っぽく線が残ってるほうがアルミっぽいんですが 、すぐにサビてもよろしくないので1000番で何回か前後方向のみ動かしてヘアラインを入れました。

SUSのエキパイは根元が黒く変色。これが中々厄介で、ペーパーで削っても黒い点々が消えない。

そこそこで諦めました。 SRXもほったらかしですが、そのうち磨きましょう。

サイレンサーに繋がるほうはもっと酷い。錆びを完ぺきに落としてから耐熱塗装というのは手間がかかるので、錆びチェンジャー塗って誤魔化しましょう。ホルツのやつはエマルジョン樹脂っぽいコーティングもされるのですが、熱で臭くなっても良くないので丁寧にふき取ります。

クロームメッキのプロテクターは一見綺麗になったのですが、裏は凄いサビで手がつけられません。スクリューだけ新しいのに変えて、まぁ良しとしましょう。軽い社外品を物色中ですので。

だんだんと部品がそろってきましたね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA