Avid BB7

MTBの記事が続きますが、とうとうこのクロモリハードテイルにもディスクブレーキ化がきました。

とはいっても、アイダをとって?機械式。
以前、別のバイクでShimanoの機械式をセットし結構な効きだったので、
より良いと言われるAvidなら十分かなと。
BB7_2.jpg
フレームには直接台座が無くて、インターナショナル台座アダプターが付き、
Avidのインターナショナル台座用アダプターが付いたブレーキがセットされます。
フレームのネジ座(ANCHOR独自のデザイン)にポストマウント台座のアダプターみたいなのが付けば、
アダプターとネジ2つが減らせるんですがね。
ちなみに私の年式のAXNPはカンチ台座が取り外せない・・・
BB7_4.jpg
外されたVブレーキ。効きは十分なのでいつかまた復活するかも。
このBR-M951が196gづつ。BB7が378gと388g(アダプター、ローター、ボルト込み)なので、
370から380g重量増加。ポストマウントなら300gちょっとしか増えないはずです。
BB7_3.jpg
フルアウターのせいか、あまりカチっとしませんね。特に後ろ。
ケーブルの取り回しも含めてもう少し調整します。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA