Apple Mighty Mouse

マウスのスクロールの動きが徐々に悪くなり、とうとう一番よく使う下方向が反応しなくなりました。
ゴミが溜まっているのは容易に想像できるので、まずは分解。
裏返してネジを探しても一つもありません。グレーの輪っか状のスライダーが外せそうなのでマイナスドライバーでこじって外します。それでもネジは出てこない。もう一つ本体の下についているグレーのリム状のパーツも外しますが、これは何カ所か接着されていました。
Mighty Mouse1.jpg
底の部品はヒンジ部と前方の2カ所の爪だけではまってるのでこじって外します。
ボールの受けがネジでトップカバーに付いてるので、それを外すとやっと構造がみれます。
Mighty Mouse2.jpg
昔のボール式マウス同様にボールの周りにローラーがあり、そこにホコリが絡まってます。
Mighty Mouse3.jpg
掃除して元に戻そうとしましたが、ローラーの端には磁石が付いていて思うようにセット出来ません。
なのでボールを押さえるカバーのほうにセットします。
接着してあったパーツはなんとか取り外せるようにならないか考えましたが・・・めんどうなので接着してしまいました。
Mighty Mouse4.jpg
今回必要だった道具達。コロコロもスムーズに反応するようになりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA