AMP Research F1 Fork

数年前に都内のMTBショップに作ってもらったディスク台座付きのAMPのフォークレッグ。

真鍮ロウでディスク台座が付けられ、エンド部分も強化されています。
AMP Resarch F1_01.jpg

ロウ付け部以外は塗装が残っていたので、リムーバーで落としました。
この作業がけっこう大変。汚いので作業中の写真はありません。
丈夫に作ってあるのですが見た目にちょっと重くみえるので、穴を開けて外周のラインを整えます。
作ってくれたビルダーさんごめんなさい。
AMP Resarch F1_02.jpg
まずはけがいて、形を決めます。
AMP Resarch F1_03.jpg
穴をあけます。真ん中の小さな穴はこの後の糸鋸作業を軽減するため。
AMP Resarch F1_04.jpg
金工糸鋸で穴をつないで、ヤスリで仕上げます。この鋼は硬いですね。
AMP Resarch F1_05.jpg
紙ヤスリで真鍮ロウの仕上げをします。
最近流行りのフィキシーのように、素材のままクリアーコートで仕上げようかとも考えました。
でも山で使えばいくら南カリフォルニアといえど、すぐ錆びますね。
AMP Resarch F1_06.jpg
サンドブラストをかけます。そしてプライマーを吹いて今回は終了。
おっと、カンチ台座を削り落とすのを忘れました。でも付いていても良いかな。
次回へと続く。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA